〈Xin chào〉ようこそ名張へ!ベトナム人技能実習生が着任しました。

MiRAiブログ広報紙MiRAi4月号でご紹介したベトナム人技能実習2人が、春から行っていた日本国内での研修を終え、ようやく名張へお越しになりました

これから3年間(最長5年間)で、福祉の概念や介護の技能を学ばれます。これらをしっかり身に付け、母国ベトナムでの福祉向上に役立ててほしいですね!

 

f:id:ikuseienmirai:20190623002651j:plain

まず名張育成会を代表し、理事長、常務理事はじめ全事業所の所長が集まり、ウエルカムパーティで彼女たちを出迎えました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190623002739j:plain

ベトナム語で「モッ!ハイ!バー!ヨー(カンパイ)!」と全員が唱和し、ランチバイキングでお祝いの始まりです。

 

f:id:ikuseienmirai:20190623002814j:plain

実習生Nさん(左)とBさん(右)を囲み、今日から実習生を担当するM支援員K主任との4ショットです。今まで、テレビ会議やビデオレターで交流していたとはいえ、やはり顔を直接合わせるとお互いの距離もグッと縮まりますね!

 

f:id:ikuseienmirai:20190623002858j:plain

翌日には引っ越し荷物の整理も終え、日曜をはさんでさっそく入所支援施設の成美で実習を始めました。まずは、名前を覚えなければなりませんね。「はじめまして、私はNです。ベトナムから来ました!よろしくお願いします。」

 

f:id:ikuseienmirai:20190623002934j:plain

まだ慣れない日本語ですが、心はすでに通じ合ったみたいですね!

 

f:id:ikuseienmirai:20190623003003j:plain

「私はBです。何が好きですか?」『チョコレート!!』「あっ、私もチョコレート好きです!!」

 

f:id:ikuseienmirai:20190623003034j:plain

気が合いますね!と、揃って記念撮影しました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190623003110j:plain

では、ツーショット写真を撮りますよ!・・・「Nさん前に立ってよ!」「Bさん、アナタが前よ!」と仲の良い2人の立位置を譲り合う会話が、流ちょうな日本語でした。さすがですね~!

 

f:id:ikuseienmirai:20190623003144j:plain

・・・というわけでこの立位置に決まり、カメラに向かって「ヨロシクおねがいします!」

これからMiRAiブログでも彼女たちを応援してまいります!これから色々とお伝えしていきますので、皆さんもお楽しみに!

www.n-ikuseien.jp

 

〈Project〉第44回三家連精神保健福祉大会の仲間たち

先週、福祉大会のご案内をしましたが、今回はその大会を支える仲間たちを紹介します。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192029j:plain

ポスターのシンボルとなるイラストを制作したNさん。芸術大学で美術を専攻し、宇宙を思わせる抽象画を始め、erimentという名前でアクセサリー小物の創作をしている、現役のアーティストです。

 

f:id:ikuseienmirai:20190617094618j:plain

「私たちのことを知ってください。誰のため?自分のため?何のため?」という大会テーマで浮かんだのは、髪形や身長、また色などが異なる個性ある5人をモチーフにした、誰もが白いハートを持つ、メッセージ性のあるイラスト。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192145j:plain

「白いハートは、心の象徴。そのハートに穴が空いているんです・・・」と静かに語るNさん。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192233j:plain

5人は原色で描かず、明るく見えればとパステル調にし、さらに発色が鮮やかなアクリル絵の具を用いました。そこには、心の中は外見からは伺えない、人の外面と内面のギャップが現れているようです。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192315j:plain

そのイラストをメインに、グラフィックデザーナーによって仕上げられたポスター。「満足しています!」という言葉から、大会の一翼を担っていることで、気持ちにやりがいが生まれているようでした。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192350j:plain

続いてお二人は、当日の司会の大役を担うYさん(左)とMさん(右)。この日、初めて台本の読み合わせを行いました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192426j:plain

二人は「いがなばりピアサポーター」のメンバーです。ピアサポーターとは、精神障害の当事者として自身の経験を活かし、精神障害に悩んでいる人たちへの支援を行う仲間で、厚生労働省の指針を受けて全国に広がり、その成果が注目されています。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192456j:plain

さて大会では司会に加え、オープニングとエンディングを飾るコーラス、よしもとお笑い芸人トラッシュスターとのコラボ企画出演など、休む間もありません。この日も、実行委員となっている職員との打ち合わせに余念がありませんでした。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192539j:plain

このような大きな大会での司会は初めてですが、今までにも報告会やピアネットカフェなどの進行を行ってきました。「緊張はしますが、人前で話すのは結構好きなので、司会は任せておいてください!」と自信をのぞかせるYさん(左)。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192619j:plain

「今までに、報告会などの進行役を重ねてきたことが良い経験になっています。ちょっとは自信がついてきたかな?」と少し控えめなMさん(右)。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192653j:plain

「噛んでしまうかもしれないけれど、自分なりの言葉で話したい!(Y)」

「普段使わない言葉が多いので緊張するが、これも経験です!(M)」

『上手くしゃべろうとするより、声を出す、しっかり発音する。次は、屋外で練習するといいかもしれないネ!要は、気持ちが伝わればいいのよ!』と、まわりからアドバイスを受けていました。当日は私も駆け付けます!マイペース、マイペース!!

 

f:id:ikuseienmirai:20190613193544j:plain

最後に、同じピアサポーターの一人Yさんによって描かれたこの似顔絵、同僚や仲間などといった意味のピア(peer)そのままに、一人ひとりの個性を大切に思う、また仲間を気遣う優しさが感じられますね!このイラストは、当日お配りするパンフレットに掲載されていますよ。

さて、様々な人の力を借り、仲間と助け合い、共生社会を目指して開催する大会。どうかぜひ、会場へお越しください。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613192800j:plain

お問合せ:名張育成会レインボークラブ、0595-67-4188

www.n-ikuseien.jp

〈Information〉第44回三家連(さんかれん)精神保健福祉大会のご案内

こんにちは!うつ病を始め心の病気が社会問題になっていますね。そのような精神障害をかかえる当事者やその家族などが、「ほんの少しでも障害や病気のことを知ってほしい」と、地域に向けた啓発を行う44回三家連(さんかれん)精神保健福祉大会が、6月27日(木)13:00~16:00、名張市にあるadsホールで開催されます。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613162607j:plain

ところで、「さんかれん」ってご存じですか?さんかれんとは、昭和43年に発足した重県精神障害者族会合会」の頭文字から三家連(さんかれん)と略称された、精神障害をかかえる当事者の家族の会です。

平成18年には特定非営利活動法人三重県精神保健福祉会として法人格を取得し、公益社団法人全国精神保健福祉会連合会(みんなねっと)の地域組織として、今でも「三家連(さんかれん)」の愛称で、当事者の支援や地域への啓発など、共生社会の実現に努力しています。

 

f:id:ikuseienmirai:20190613162659j:plain

今年の大会は、名張育成会レインボークラブが大会事務局となり、様々な準備を行っています。大会ポスターの原画制作や、当日の司会進行、よしもとお笑い芸人との対談、場を和やかにするコーラスの披露など、すべてレインボークラブに集う当事者が担当するのですよ!

 

f:id:ikuseienmirai:20190613162738j:plain

場所は、adsホール名張市松崎町1352-1、0595-64-3478)。12:30~受付を開始し、笑福亭松枝の記念講演や、会場内ではバザーも行います。皆さまでお越しいただき、ほんの少しからでもご理解いただければとてもうれしいです。どうか宜しくお願い致します。

お問合せ:名張育成会レインボークラブ(0595-67-4188

17日には、ポスター原画の作者や、司会を担当するピアサポーターの練習風景などを紹介します、お楽しみに!

名張育成会広報紙MiRAi.Vol.68でピアサポーターの活躍ぶりを紹介しています。http://www.n-ikuseien.jp/news/pdf/20170701_mirai_vol68.pdf

また下記ブログではピアネットカフェの紹介をしています。どうぞご覧ください。

http://ikuseienmirai.hatenablog.com/entry/2019/03/18/000000

http://ikuseienmirai.hatenablog.com/entry/2017/11/13/000000

www.n-ikuseien.jp

〈Training〉認知症の進行を穏やかにする取り組み

高齢者グループホームひかりは、主に認知症となった高齢者の方が共同生活を送るグループホームとして、毎日30分ほど、いろはカルタなどを楽しんだり、掃除や食後の後片付けなどの家事を一緒に行ったりして、認知症の進行を穏やかにするように努めています。

 

f:id:ikuseienmirai:20190607162722j:plain

f:id:ikuseienmirai:20190607162800j:plain

この日はカルタ遊びです。皆さん最初は、札を見つけてから立ちあがるのですが・・・

 

f:id:ikuseienmirai:20190607162840j:plain

札が少なくなると、座ってられないとばかりに、立ちあがってスタンバイ!

 

f:id:ikuseienmirai:20190607162916j:plain

だんだんとヒートアップ!

 

f:id:ikuseienmirai:20190607162950j:plain

札が取れた時の喜びは、いくつになっても変わりませんね!

 

f:id:ikuseienmirai:20190607163027j:plain

カルタの後は、一番多く札を取った方のリクエストで、皆さんで懐かしい唄を歌うことにしました。この日は、童謡の「ふるさと」を合唱。この歌が流れると、不思議と子どものころの景色が広がりますね!

さて、認知症には、このようにゲームなどをする「認知リハビリテーションや、思い出に残っている唄を歌う音楽療法、また思い出を語る「回想法」などで脳に刺激を与えることが有効です。

高齢者グループホームひかりは地域密着型の施設として、認知症相談の窓口ともなっていますので、お気軽にご相談ください。

連絡先:hikari@n-ikuseien.jp 0595-65-6766木平(きのひら)宛

広報紙MiRAi6月号の裏面も併せてご覧ください!

f:id:ikuseienmirai:20190531183450j:plain

www.n-ikuseien.jp

〈MiRAi〉広報紙MiRAi6月号を発行しました。

広報紙MiRAi通巻90号となる、6月号を発行しました。最新号は、右のリンクボタンからもご覧いただけますよ。ぜひ、ご覧ください。

さて、今月の特集は啓発のシンボルとして全国に発信!2019年「世界ダウン症の日」日本版ポスターモデル・澤田仁美さん』です。

 

f:id:ikuseienmirai:20190531182917j:plain

CAFE & GALLERYほっぷで働く澤田仁美さんが、国連が制定した「世界ダウン症の日」の2019年度日本版啓発ポスターモデルに起用され、啓発のシンボルとして日本全国に発信されています!その、仁美さんを取材しました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190531182450j:plain

全国から応募があった中で仁美さんが選ばれた理由は、20年間休まずお稽古を続けてきた、茶道の実績などが高く評価されたとのこと。コーヒーを飲む際にも、茶道の流れるような所作を感じます。

 

f:id:ikuseienmirai:20190531183008j:plain

ポスターの撮影は師匠の茶室で行われました。撮影当日に東京からカメラマン、アートディレクター、ダウン症協会の理事などがお越しになり、茶室には師匠とご主人(仁美さんの向かって左にいる男性)、その娘さん(同、手前の女性)、そして呉服屋さん、美容師さん、ご親戚の方などの応援団が集まり、大勢の人で撮影を見守っていました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190531183319j:plain

撮影はかなり緊張しました、というポスターの姿に、「かわいいです!」と照れながら話してくれた仁美さん・・・

 

f:id:ikuseienmirai:20190531183413j:plain

・・・様々な新聞社の取材も受け、名張市長からは「仁美さんは名張市の誇りです。」との賛辞もいただきました。また朝日新聞に、「つたなくて力がなくても、周りの助けを借りて輝けることがある。ダウン症の方もあきらめないで、それぞれの楽しみを見つけてほしい。」と語ったお母様の言葉が紹介されました。仁美さんご一家の生き方に勇気づけられる人の輪が、広がっていくといいですね。

 

f:id:ikuseienmirai:20190531183450j:plain

また裏面には、「介護支援専門員のお役立ち情報」として認知症を取り上げました。10日(月)に、高齢者グループホームひかりで行っているカルタ遊びの様子などをご紹介する予定です。お楽しみに!

www.n-ikuseien.jp

〈Event〉育成園まつりの様子をお伝えします。(その2)

5月27日の投稿に引き続き、多くの方で賑わった育成園まつりの様子をお伝えします。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155157j:plain

まず、パン工房ういずのモチモチパンとほっぷのオリジナルクッキー。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155245j:plain

今年も、この日のために特別な商品をご用意しましたが、おかげさまで完売です!お買い上げありがとうございました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155334j:plain

精神障害者親の会の、なばるの会さんによる花の苗や手作り小物の販売ブース。おまつりにひと華添えていただきました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155413j:plain

さて、イベント会場ではダンス教室RMDの生徒さんが、軽快なリズムに乗ってヒップホップを踊りはじめました!

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155452j:plain

次から次へと繰り広がるダンス!大勢の来場者が、絶え間ないリズムにのったステップに見入っていると・・・

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155530j:plain

わたしも踊りた~い♪と、ちっちゃいお子さんや大人たちがみる間に集まって、一緒にヒップホップを楽しみました!

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155916j:plain

リズミカルなヒップホップで会場を盛り上げてくれました。ひやわんも一緒になってハイ、ピース!お疲れ様でした!!

 

f:id:ikuseienmirai:20190530155950j:plain

そしてイベントの〆は、毎年恒例となった伊賀琉真太鼓さんによるエイサーの演武です。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530160114j:plain

会場のボルテージも一気に上昇!

 

f:id:ikuseienmirai:20190530160030j:plain

伊賀琉真太鼓さんは、幼児から60歳代のメンバーが活動している地元サークルです。この日も小学生の子が大人に混じり、琉球太鼓を力強く叩いていました。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530160217j:plain

育成園まつりの会場全体に、エイサーの力強いかけ声が響きわたり、すごく元気な気持ちになります。

 

f:id:ikuseienmirai:20190530160254j:plain

そして、演武も終盤にさしかかると、太鼓を来場者に叩いてもらったり、いっしょに踊ったりと、会場が一つになってエイサーを心の底から楽しみました!

 

f:id:ikuseienmirai:20190530160411j:plain

実行委員長のK君も手拍子を取りながら楽しんでますね!そうして、今日一番に盛り上がった育成園まつりも、全員がひとつの輪になったところでお開きとなりました。

さて、例年になく大勢の方で盛り上がった育成園まつり。会場では、皆さんの歓声や笑顔が満ち、実行委員も満足の様子でした。ご来場いただいた皆さん、ありがとうございました。そして、ご協力くださったすべての方に、改めてお礼申し上げます。また、11月開催予定のイルミネーションイベントでお会いしましょう!

www.n-ikuseien.jp

〈Art〉栞のアーティストたち展Vol.4開催しています。

名張市立百合が丘小学校となりにある、ワークプレイス栞ギャラリーで「栞のアーティストたち展Vol.4開催中です。

 

f:id:ikuseienmirai:20190529141849j:plain

今回のテーマは「不思議なちから 自由なひょうげん」。14名のアーティストたちによる不思議な力、無限に広がる表現のすばらしさを肌で感じ。心地よさの残るひと時をお過ごしください。 

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142007j:plain

今回初めて出展した、的場乃莉華さんの作品。素早い筆致で幾つも曲線を重ね、ち密さと幾何学的な美しさ、宇宙空間をも思わせる不思議な絵になっています。

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142046j:plain

実は良く見ると、顔が一杯描かれているのですよ!ここをクリックすれば、描いている様子の動画が見れます! (うまく見れない方はアトリエ彩フェイスブックから、「動画」を選択してください)

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142118j:plain

森岡誠さんによる、様々な色がおりなすシンボリックな連作。音色になって聞こえてきそうですね!

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142205j:plain

さて今回は、「希望の園」からも特別に出展いただいています。この作品は、山善貴さん本居宣長(2015年)です。

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142249j:plain

f:id:ikuseienmirai:20190529142308j:plain

また、Tシャツやエプロンも試作品として展示しています。

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142354j:plain

エプロンは2種類。モノトーンの生地に、手刺しゅうのキャラクターがかわいく微笑んでいますよ!

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142453j:plain

常設の販売コーナーでは、エイブルアートジャパン登録作家、山崎智明さんの図柄を使ったかわいいマスキングテープも販売しています!

 

f:id:ikuseienmirai:20190529142531j:plain

6月2日まで開催しています。初夏のひと時を、爽やかな風が吹き抜けるギャラリーでお過ごしください。

・日時: 6月2日(日)まで、11:00~17:00、入場無料

(開催期間中は、CAFE輪も営業しております。)

f:id:ikuseienmirai:20190529142607j:plain

講演会:「生きること 描くこと」

村井真哉さん(特定非営利法人希望の園理事長)

・日時:6月2日(日)13:30~、定員50名、入場無料

f:id:ikuseienmirai:20190529142638j:plain

・場所:ワークプレイス栞ギャラリー

    0595-62-3271名張市百合が丘東9番町290)

※主催:ワークプレイス栞、企画:森敏子、後援:名張市教育委員会

アトリエ彩フェイスブック

www.n-ikuseien.jp