〈MiRAi〉福祉って働きやすいの?働きにくいの?

福祉の職場は、低賃金重労働厳しい職場とイメージされる方も多いと思います。本当なのかな?いいことはないのかな?というわけで、比較的入職歴の浅い職員に集まってもらい、職場について語ってもらいました。

f:id:ikuseienmirai:20180223203252j:plain

今回集まったのは、入職10年未満で色々な職種、雇用形態の方たち。事業所が多く職員も450人以上になるので、初めてお互い話をしたという人が大半です。最年長KKさんの進行で行った座談会、少しでも名張育成会に興味を持っていただければうれしいです。

<質問です>

(1)転職や入職の動機は?

(2)職場のどういうところに魅力を感じていますか?

(3)最初に悩んだのは何ですか?それは、どのようにして乗り越えましたか?

(4)今の働き方についてどう思いますか?今後、どうなればいいと思いますか?

 

f:id:ikuseienmirai:20180223203323j:plain

KKさん>転職5年目、現在生活困窮者への就労訓練などを行っています。

(1)1時間以上かけて通勤した前職では家族と食事をすることも稀でしたが、子どもとの触れあう時間など家族との時間を優先しようと、20年目の節目に家族会議を行い、自宅に近い名張育成会への転職を決意しました。

最初の配属では夜勤もありましたが、それでも家族と過ごせる時間が大幅に増えて、子どもがとても喜んでいます。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223203422j:plain

(2) 人のためになっている、世の中のためになっていることが、とてもわかりやすい仕事だと思います。普段、感情を表さない利用者さんから「ありがとう」と言われた時など特に、うれしいですね。

また名張育成会の良いところは、色々な意見を上司や先輩が意見を受け入れてくれる場や雰囲気があります。新人の自分を一人前として見てくれる。それにすごくやりがいを感じます。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223203809j:plain

(3)福祉の経験が全くないので、他の職員が10分ほどで解決するようなことに1時間も2時間もかかり、自分には向いていないのではと悩み、大きなストレスになりました。でも、知らないことを強みに、福祉では当たり前のことでも疑問に思ったことなど提案をしたところ、それを受け入れてくれ、それが利用者さんの笑顔につながりました。あきらめず、前向きに行動することが大切だと思います。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204106j:plain

MSさん>新卒3年目、生活支援員として入居者の生活に寄り添っています。

(1) もともと人前に出ることが苦手な性格でした。福祉の大学を卒業し、就活で他の法人も検討したのですが、ブログなどを見ているとすごく楽しそうで、施設でも利用者さんと職員がとても仲良くされているのを見て応募しました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204146j:plain

(2)今まで人前では緊張して何も伝えられないほどでしたが、利用者さんが何事にも一生懸命に取り組んでいる姿を見てパワーをいただき、いつの間にか自然と笑顔で利用者さんと触れ合える自分に変わっていました。利用者さんと心が触れ合える瞬間や、日々新しい自分に出会えることにもやりがいを感じています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204219j:plain

(4)〈成美〉が、三重県ワークライフバランス推進サポート事業に選ばれ、福祉事業所のモデルケースになればと「働き方改革プロジェクト」の一員として、少しでも業務のぜい肉をそぎ落とせないかとか、働き方を変えてゆとりが生まれ、それが仕事に活かされるといった好循環なワークライフバランスが生まれるよう願いながら話し合いを続けています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204313j:plain

MTさん>転職1年目、生活支援員として認知症高齢者の生活に寄り添っています。

(1) 今まで8年間他の施設で働いました。お年寄りの方などを支援する仕事は好きなのですが、マニュアル的な働き方に戸惑いもありました。春に高齢グループホームひかりがオープンすることを知り、昔から知っていた名張育成会が運用されるということで、家からも近く、新事業で今まで溜めていた自分の想いを反映することができそうだという期待をもって応募しました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204340j:plain

(2) 「我が家」というコンセプト通り、本当の家族のように暮らせていてとても幸せです。 また事あるごとに写真を撮り振り返ってもらうなど、日ごろから脳を刺激するよう小さな工夫でも実行することで利用者さんの笑顔が増え、とても有意義に暮らしています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223203848j:plain

YUさん>新卒9年目、現在障害者の就労支援、企業の採用相談などを行っています。

(1)大学で心理学を学びカウンセラーを目指していましたが、精神障害の方との出会いでそういった方に寄り添える福祉を目指そうと思いました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223203917j:plain

(2)利用者さんの感情がとても純粋で、生きることの大切さを学ぶことが多いです。また「力」をもらうことでそれが新しい目標となり、やりがいにも通じています。最近では、経験やふれあいを通じて引き出しも多くなり、懐も深くなったと思います。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223203947j:plain

(3) 入職直後は余裕が無く、利用者さんのためになるというより、段取りをこなすのに精いっぱいで、役に立っていないのではとすごく悩みました。その際、根気強く見守ってくれたセンパイのおかげで経験とともに気付きも増え、今では失敗は成功に繋がるのだと実感しています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204423j:plain

UTさん>パート入職3年目、生活支援員として通所者の日常に寄り添っています。

(1)主人の転勤で初めて名張に来て、何も知らない土地での暮らしで不安な中、子育てなど家庭の事情を考慮いただける職場を探していたところ、名張育成会の募集を知り応募しました。就業条件について色々と相談にのっていただき、見学した今の職場の雰囲気がとても良く、ぜひ働かせてくださいとお願いしました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204448j:plain

(2) 子供の授業参観や様々な行事に合わせて働けていますし、勤務時間など配慮いただいて、とても良い職場だと思います。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204514j:plain

(3) 利用者さんの、それぞれの個性や特徴を覚えるのにとても時間がかかり、支援に手間取ったりしまして悩んでいました。しかし、職場の先輩や上司が絶えず声をかけてくれ、気にかけてくれているという安心感が仕事を後押ししてくれました。職員は、みなさんとても優しいと思います。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204552j:plain

MJさん>新卒3年目、児童支援員として発達障害児の療育を行っています。

(1)福祉の大学を卒業しました。4回生になるまで子供の支援は考えていなかったのですが、〈ゆうら〉で行った10日間の実習で、子どもと接していることがとても楽しく、また職員の方や子ども達を通じて色々な学びがあり、この子どもたちをもっと知りたい、このような子ども達の支援を通じて、社会の役に立ちたいと思い応募しました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204629j:plain

(2) 職員みんなで考えた活動で発達を促しながら子どもの成長に向き合ことが、この子の将来のためになるのだと思うと、とてもやりがいを感じます。また、研修でデンマークに行かせていただき、今までにできなかった体験ができたことは本当に勉強になりました。このような研修が整っていることも、魅力だと思います。職場はアットホームな環境なので、どんなことでも相談でき、また同期との繋がりも互いに切磋琢磨しつつ頼れる存在としての良さがあります。

 

 

f:id:ikuseienmirai:20180223204653j:plain

<お仕事体験してみませんか>

名張育成会で働いてみたいけど、「支援や介護って何をするの?」「名張育成会ってどんな雰囲気?」「自分にできるのかな?」など不安に思っている方、『福祉のお仕事体験』はいかがでしょう。経験や資格は要りません。もちろん、体験中の賃金(時給)をお支払いします!どうぞお気軽にお問い合わせ下さい。📞0595-65-0271

www.n-ikuseien.jp

広告を非表示にする

〈New〉ガンバレっ、フレッシュさん!

こんにちは、MiRAiです。先日、この春から育成会に入職する新人の方たちを迎え、新人フォロー研修を行いました。

f:id:ikuseienmirai:20180215215914j:plain

この研修は、入職時までの間に不安に思うことをできるだけ解決し、職場に慣れるようにと採用者同士、また諸先輩との交流を図るというのが主な目的です。今回は、試験などで学校を休めない学生を除く8名が参加されました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180215215937j:plain

「遠慮なく何でも聞いてくださいね!お昼は一緒に食事をしながら親睦を深めましょうね!好き嫌いはありませんか?」などと緊張をほぐすように、研修の目的や一日の流れを説明したあと自己紹介から始めます。

 

f:id:ikuseienmirai:20180215215959j:plain

研修を担当している人事課3名と、希望されている職種のセンパイ4名です。

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220016j:plain

こちらは、次年度のフレッシュさん。希望職種は、生活支援員、児童指導員、保育士、管理栄養士とバラエティです。

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220035j:plain

続いて、各センパイ職員より、仕事について説明します。職場の特徴や様子はもちろん、職場の魅力、入職時の失敗談や不安に思ったこと。そして、どのようにしてそれを乗り越えたかなどなど。

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220051j:plain

フレッシュさんからの質問も、希望職種のセンパイに直接聞くことができるので具体的です。『Q:管理栄養士として調理を手伝うことはありますか?』「A:調理はしませんが、利用者さんに寄り添ってお食事の様子を伺い、次のメニューに活かしたりしますよ!」

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220113j:plain

『Q:保育園は異才児保育ということですが、新人でも大丈夫ですか?』「A:異才児保育といっても、各学齢担当の保育士と連携しながら保育するので大丈夫ですよ!」

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220526j:plain

『Q:初めての一人暮らしで不安なのですが、どのような様子ですか?』「A:最初は仕事に加えて家事など覚えることがいっぱいあって大変なのですが、徐々に慣れてくるかな…?」

f:id:ikuseienmirai:20180215221037j:plain

「同期職員はだいたい同じ時期に似たような悩みを持つので、お互い情報交換するのもいいと思います。そういう意味で、同期は大切ですよ!」と人事課長からもアドバイスがあり、フォローにちょっと安心したセンパイ君!

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220418j:plain

センパイ職員も最初は緊張気味でしたが、大先輩職員に突っ込まれたりするうちに緊張もほぐれ、気負うことなく素直にアドバイスをしていました。そう、センパイ職員も何年か前は、みんなフレッシュさんだったんですものね!

 

f:id:ikuseienmirai:20180215220551j:plain

そして和やかな雰囲気になったところで、本日の研修が無事終了。センパイ職員もフレッシュさんも、みんなホッとした様子ですね!でも、皆さんの笑顔がステキです。

春の到来が待ち遠しいですね!ガンバレっ、フレッシュさん!!

www.n-ikuseien.jp

広告を非表示にする

〈Project〉三重県ワークライフバランス推進サポート事業プロジェクト

こんにちは、MiRAiです。さて、障害者入所支援を行う〈成美〉が、三重県で働き方改革を推進する「2017年度三重県ワーク・ライフ・バランス推進サポート事業所」に選ばれ、6人によるプロジェクトチームを発足。昨年秋より業務や環境などを見直す話し合いを続けています。約半年間の成果を県に発表する「報告会」を2月末に控え、プロジェクトメンバーは最後の確認に余念がありません。

f:id:ikuseienmirai:20180206203452j:plain

三重県が行うこの事業の、「専門家サポート企業(5社)」のひとつに選ばれたのが昨年秋。毎回専門家の指導を受けて、アドバイスをいただきながらも試行錯誤が続きました。さて、成果はあったのでしょうか…

 

f:id:ikuseienmirai:20180206203549j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206203629j:plain

プロジェクトを陰ながらも力強く推進してくださるファシリテーターさん。月に一度来社され、みんなの意見を素早く整理していきます。

また、netを介して打ち合わせの様子がモニターリングされ、専門家によるアドバイスも広範にわたって的確に行われます。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206203758j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206203831j:plain

「まず最初に今日のリーダーを決めましょう。誰に務めてほしいか指してください!」というわけで、今日のリーダーはN君に決定!

今までに進めてきた課題は「スケジュール管理」「次の人が働きやすいよう(利用者さんの)パジャマを整理する」「業務日誌の見直し」「休憩室の改善」「職場の皆で話したい」「笑顔コンテスト」の6つです。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206204012j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206204036j:plain

課題を一つずつ確認します。何ができて、何ができていないのか。また、更に改善の余地はないのかなど・・・まずは、1分間でフセン出し。ファシリテーターさんがタイムキーパーになって時間を測ります。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206204139j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206204205j:plain

まず、情報整理の一環としてホワイトボードの再活用がテーマに上げられました。それぞれが自分の意見を述べあい議事は進みます。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206204306j:plain

意見を述べた後、ファシリテーターさんをチラリ…

 

f:id:ikuseienmirai:20180206204419j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206204439j:plain

それはどうでしょうか!と一斉に異論が…(笑)。予定の時間がきて、最後はリーダーN君によって課題がまとめられました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206204521j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206204548j:plain

次は「笑顔コンテスト」の進捗について議論します。この課題を担当しているMさんによって進捗の報告と、担当としての意見が上げられました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206204945j:plain

f:id:ikuseienmirai:20180206205022j:plain

・・・と、ここで「笑顔コンテスト」について簡単にご説明します。これは、『笑顔あふれる、素敵な明るい職場にしよう。』などを目的として、笑顔や挨拶がステキだと思った職員をみんなで選ぼうというコンテスト。利用者さんはもちろん、来場者の方や他事業所職員などが、「ステキ!」と感じた職員のパネルにシールを貼って投票するものです。その結果はいかに・・・それは、追ってご報告しますね!!

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205126j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206205147j:plain

そのコンテストですが、「自分から率先して笑顔で挨拶することを意識した」という意識改革につながった意見もあれば、「コンテストだけで終わらせず、今後どのように維持していくかが課題」という問題も提起され、議論は深まっていきます。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205240j:plain

「新たな課題も出ましたが、これからの成果が楽しみですネ♪」とファシリテーターさん。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205324j:plainf:id:ikuseienmirai:20180206205409j:plain

最後に、この半年で自分の何が変わったか。また、メンバーで誰のどこが一番変わったかを、それぞれ聞かせてください!というわけで、テーブルにフセンを貼っていくと・・・

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205502j:plain

f:id:ikuseienmirai:20180206205522j:plain

自分の変化では「挨拶を意識するようになった」「間接業務で次の人の思いに立って引き継ぐよう心掛けた」などそれぞれ自己改革がみられたようです!

また他メンバーの変化では、大半の人がMさんについて「積極的に意見を述べるようになった」「いろいろ声をかけ励ましてくれる」などと一致して好評価!みんなから拍手で称えられ、ご本人は顔を赤らめてホロリ(涙)。実は、後方で見守っていた所長も思わずホロリ…

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205620j:plain

そのようにして、議論と実践を積みながら進めたプロジェクト。

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205705j:plain

最後にnetを通じて見守ってくれた専門家の方も「この半年で皆さんの成長に寄り添えたことが何よりうれしい!」と感想をいただきました。その言葉にメンバーはもとより、後方にいる所長も何か込み上げたものをこらえているような(?)優しい笑みで、みんなを称えていました!

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205843j:plain

ファシリテーターさんを迎えた最後のミーティングを終え、みんなで集合写真。「ピースはやめとこ!どないして撮んねん!」とどなたかが急かす中・・・

 

f:id:ikuseienmirai:20180206205917j:plain

後列はワーク・ライフ・バランスの頭文字「W」を、前列二人は「ハート」となにやら勘違いされそうな指文字ですが、これまでご指導いただいた方々に感謝の意を込めて記念撮影です。

 

さて、今回は「働き方改革」という大きなテーマに臨みましたが、まず身の回りからでも、少しずつでも働きやすい職場にできるという自信と、何より解決しようとする姿勢が職場と職員の成長にもつながる、良い連鎖を生んでいくように感じました!2月末の報告会、楽しみです!!

www.n-ikuseien.jp

 

広告を非表示にする

MiRAi〉広報紙MiRAi2月号を発行しました

こんにちは、MiRAiです。さて、名張育成会広報紙MiRAi2月号を発行しました。

今月号の特集は「福祉って働きやすいの? 働きにくいの?」

 

f:id:ikuseienmirai:20180131142812j:plain

新卒、転職、パートなど、職域や職種を越えた、入職9年から9カ月までの職員による座談会から、福祉業界に飛び込んだ今の思いを語ってもらいました。

また、2月中にこのブログで、座談会の様子をお届けしますね!

 

f:id:ikuseienmirai:20180131142853j:plain

裏面で各月にお届けしている、名張育成会の専門職による季節情報。今月は看護師による「季節の健康情報」で「花粉」に関する情報をお届けしています。

『MiRAi』はご希望先にお届けしていますが、下記からダウンロードして下さればすぐにご覧いただけます(約4MB)。また、バックナンバーがご覧いただけるよう公開方法を検討中ですので暫くお待ちください。

MiRAi2月号 http://www.n-ikuseien.jp/news/pdf/20180201_mirai_vol75.pdf

www.n-ikuseien.jp

広告を非表示にする

〈Information〉バザーのご案内とご協力のお願い

こんにちはMiRAiです。皆さまのご理解、ご協力により開催させていただいております「名張育成会ふれあいバザー」も、今年で第13回を迎え2月25日(日)に開催する運びとなりました。

 

f:id:ikuseienmirai:20171211123222j:plain

バザー用品の募集を2月15日(木)まで行っておりますので、引き続きご支援を賜りますよう、どうかよろしくお願い申し上げます。(まず、上記宛お電話いただければ幸いです。)

バザーの収益は、皆さまのお気持ちを大切にし、障がい児・者の生活環境向上のために利用させていただきます。

f:id:ikuseienmirai:20171211123323j:plain

f:id:ikuseienmirai:20171211123309j:plain

昨年の様子です。小学校の体育館にところ狭しと並べられた「志」と、多くの人の「熱気」で、寒い冬が心も身体もとても温かくなるバザーです!今回もご協力をどうか宜しくお願い致します。

www.n-ikuseien.jp

広告を非表示にする

〈New〉平成30年法人全体職員会議を行いましたー後半

こんにちは、MiRAiです。さて、新年を迎えて行った法人全体職員会議の後半をご報告します。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194405j:plain

まず、研修報告として、秋に行った「デンマーク視察研修」の報告がされました。始めに、このような機会を与えていただいた法人、また職場の方々はじめ皆さんへの感謝が述べられました。

f:id:ikuseienmirai:20180120194427j:plain

同国は高福祉高負担国家で市民の生活満足度は高く、2014年の国連世界幸福度報告では第1位でした。その暮らしは、私たち社会福祉法人が掲げ目標としている理念が至る所で具現化されており、とてもわかりやすく、大きな刺激を受けてきたと各視察先の様子を細かに報告されました。

f:id:ikuseienmirai:20180120194452j:plain

職員も報告や資料に見入っていますね!

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194520j:plain

新規事業報告として、〈レインボークラブ〉が行っている「生活困窮者就労訓練事業」の説明がありました。経済的な援助にとどまる「生活保護制度」に対し、その方の可能性を見出し将来的な自立を支援しようという国の制度「生活困窮者自立支援制度」に基づく事業として、社会の担い手を一人でも多くと各自治体の関心も深い事業の一つです。

f:id:ikuseienmirai:20180120194541j:plain

平成27年4月からスタートした制度ですが、名張市では初めて認可されたモデルケースともなる取り組みです。現在法人内での環境整備や修繕業務を請け負っており、日を追うごとに依頼が増えてきています。「法人全体で行う事」「働くことの大切さ」「ありがとうなど感謝の言葉の力」「必要とされる存在ということが確認できる場所であること」など成果を積み上げてきています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194626j:plain

事業報告の最後は、〈ワークプレイス栞・アトリエ彩〉のアート活動です。最近公募展での入賞も増え、昨年秋に開催された「亀山トリエンナーレ」では、招聘作家として選ばれて作品が多く展示されました。また、三重大学教育学部美術教育の山田康彦教授を、3年前に三重県立美術館館長からご紹介いただき、その後相互に情報交換するなどお付き合いをいただいています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194646j:plain

また、専門外の職員のために、「こども絵画教室アトリエエピ」を主宰している森敏子さんにアドバイザーとして月2回お越しいただき、一緒に活動をしています。さて、栞のアーティストたちの無垢な感性による表現活動は、絵を描くことが生活そのものだったり、また周囲の人々の心の目を育てるなど、色々な気付きに役立っています。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194706j:plain

次に、平成29年4月以降に採用された中途採用職員の紹介がありました。本年度は、4月に〈高齢グループホームひかり〉が、また7月に〈特別養護老人ホームグランツァ〉を相次いで開所したために、54名の方が私たちの仲間になりました。本日は、当直などを除いた職員が直接紹介されました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194727j:plain

会議の締めくくりは、非正規職員の永年勤続表彰です。本年は、30年以上1名、20年以上2名、10年以上18名の方を表彰し、市川理事長より感謝状を贈呈致しました。

f:id:ikuseienmirai:20180120194741j:plain

冒頭に話ました通り、長く働いてほしいという思いの表れとして、また長く勤めていただいた感謝の気持ちとして顕彰するものです。まず、非正規職員の方を紹介させていただきましたが、長く働きたいと思えるような職場づくりに努めたいとして表彰を締めくくられました。

最後は和やかな雰囲気の中、約2時間の全体会議を終えました。

www.n-ikuseien.jp

広告を非表示にする

〈New〉平成30年法人全体職員会議を行いましたー前半

こんにちは、MiRAiです。平成30年を迎え、法人全体職員会議が開催されました。前半と後半の2回に分けてご報告します。

法人全体職員会議とは、全職員が一斉に集まるもっとも大きな会議で、新年度が始まる4月と、新年を迎える1月に行われます。 この日は、当直などを除いた職員が一堂に会し、それぞれに新年の誓いを立てました。

f:id:ikuseienmirai:20180120194100j:plain

まず 市川理事長より、政府の「人生100年時代構想会議」に起用された※「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」というベストセラー書に触れ、『これからは70歳や80歳と長く働かなければならない。お金も必要だし職場も必要。何より健康であることが必要。健康というのはとても大きな資産なので、一人ひとりが健康に目を向けて取り組む「健康リテラシー(健康への適切な理解と対処)」を高め、そして長く働いてほしいと思います。』 と抱負を述べられました。

※「LIFE SHIFT 100年時代の人生戦略」リンダ グラットン他著。100年ライフの時代には、長い老後のために蓄財も必要だが、変化し続ける環境に対応するためには、ライフ(人生)とワーク(仕事)のバランスが重要。AIの進歩などを受け雇用はどう変わるのか。健康にはどう留意すべきか…など示唆に富んだ提言となっている。(参考:amazonメディア掲載レビュー)

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194116j:plain

 次に、精神科医斉藤聡明先生が平成9年から20年間にわたり法人で講演いただいた本の、頒布のご案内です。

f:id:ikuseienmirai:20171229172529j:plain

『この本には、私たちの目指したいこと、歩んで行きたいということが詰まっていますので、少しずつでも読んでほしい。尚これからは、「よろず相談」という形で、先生との対話を通じて教えていただくことができるので、ぜひ参加をしてください。』

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194140j:plain

『また、斉藤先生から私たち全員にプレゼントされた「花ごよみ」というカレンダーは、日本のささやかな季節のめぐりを72に分けた「七十二候(しちじゅうにこう)」ごとにめくられます。小さな自然の変化に繊細になることで、日常の小さな幸せに気づくことができます。弱い立場におられる方への思いもそうでしょう。手元に置いていただいて、細かい自然に目を向けられる職員になっていただきたい。』

  

f:id:ikuseienmirai:20180120194159j:plain

『 平成30年を迎え、今年度も3カ月余りを残すこととなりました。最後まで、それぞれの事業をていねいに、誠実に進めてください。皆さんのお一人おひとりのご健康とご発展に期待しています。』と述べ、挨拶を締めくくられました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194300j:plain

次に宮田常務理事より、「名張育成会のこれから」という主題の講話がありました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194340j:plain

まず、基本理念について『法人が目指すべき方向、価値観を示したもので、時代とともに変革が求められる中でも、基本理念については変わることがない。私たちの高い志なので、日常に照らして常に振り返り、実践してほしい。尚、基本理念については年4回研修を行う予定です。』また、運営方針、基本理念の役割それぞれの説明がありました。

 

f:id:ikuseienmirai:20180120194317j:plain

経営の3要素についても、『基本理念を軸として、まず利用者の方々に安心して利用いただく、そして職員にやりがいが生まれ安定した生活を送っていただく。その上で経営の満足につながり、そのことが利用者さんに還元されるのです。』と説明され、法人が目指すことや、「礼儀作法を身に付ける」など職員に求めることを述べ、講話を締めくくられました。

 

さて今回はここまで。後半は、25日に掲載予定です。

 

www.n-ikuseien.jp

広告を非表示にする